「白さを取り戻す酸素系漂白剤」の良いところ

前回に引き続き、漂白剤について解説していきたいと思います。

塩素系漂白剤と酸素系漂白剤の違い

前回は塩素系漂白剤とは何ぞやということと、身近にある洗剤などで使われているものや、注意事項を紹介いたしました。

酸素系漂白剤にも何種類かあり、それにより特性や役割が微妙に違います。

今回はMATINAの「白さを取り戻す酸素系漂白剤」についてご案内していければと思います!

 

「白さを取り戻す酸素系漂白剤」はなに??

さて、まず白さを取り戻す酸素系漂白剤には大きく分けて2つの使い方があります。

  1. 黄ばみや匂い、蓄積してしまった汚れも落とす漂白剤

  2. 日常のお洗濯にプラスに加え、白シャツや下着などの匂いや黄ばみを防ぐ

 

大きく分けるとこの二つです。「漂白」という名前なのですが、使い道は本当に様々。

まずは大きい特徴をご紹介いたしますね。

 

 

1.全体的に冴えなくなってしまった洋服を白く

衣類を使って洗っていくうちに少しずつ「冴え」がなくなってしまいます。

これは毎日少しずつの汚れが蓄積していき、だんだんとくすんでくる「再汚染」という状況です。

いつもの洗濯洗剤や洗濯では落ちきれず蓄積したものや、逆に他の衣類の汚れが移ることもあります。

この症状を綺麗に解決できる効果があり、手間も大きく掛からないので一度慣れてしまうと意外と簡単に出来ます!

 

 

2.襟垢汚れのような頑固な汚れを綺麗に落とす

先ほどと近い部分になってくるのですが、汚れが最も酷いのは「襟、袖」などの皮膚によく擦れる部分です。

擦れる部分は人間の皮脂とあいまって汚れが蓄積していきやすくなります。

一度なってしまうと洗剤を原液で付けて擦っても落ちないことは多々あり、この蓄積した汚れは普通の汚れとは違い洗濯洗剤の力だけでは落ちないこともしばしば。

このような汚れも白さを取り戻す酸素系漂白剤なら取ってあげることができます。

 

 

 

3.手間なく放って置くだけで使える

毎日とても忙しいので時間をかけることができまい・・・という方も多いかと思います。

ご安心ください、白さを取り戻す酸素系漂白剤の処理方法は至って簡単なものが多いです。

40度〜50度くらいお湯を張ってその中に指定された分量の粉と洗濯洗剤を入れるだけで多くのものは綺麗になります。

手洗いな感じ?と思われるかもしれませんが、そのまま洗濯機のドラムの中に入れて頂きいつもの洗濯を行なっていただければすぐに綺麗になります。

お風呂のついでや、夜寝る前に漬け込みしておくと◎

 

 

4.簡単なシミや汚れを強力分解

 

 

 

5.洗濯槽のお掃除や食器のくすみにも

白さを取り戻す酸素系漂白剤はいろんなものに応用ができます。

代表的なのは洗濯槽のお掃除やマグカップなどのクスミを取ることも可能です。

洗濯槽の汚れは基本的にはカビや雑菌、洗剤や柔軟剤残りなどが主です。目には見えなくても複雑な構造でドラムの裏側などは汚れがビッタリ張り付いています。一度ご自宅の洗濯機を洗ってみると驚愕するくらい汚れている場合もありますので、一回もされたことのない方はお試しを!

またマグカップやお皿などのカフェインや茶渋なども綺麗にすることができます。これらも同じでこのこびり付いた色素を洗濯と同じように漬け込むことで見違えるほど綺麗になります。他にもカーテンや換気扇、焦げ汚れや、様々なものに応用可能な白さを取り戻す酸素系漂白剤。この辺もおいおい記事を更新していきますね!

 

 

 

他の酸素系漂白剤との違いは??

大まかに良さや使い方が分かってきたところで次のチャプターです。

そう、他の酸素系漂白剤と何が違うの???ってところです。

初めて聞いた方にはいいかもしれませんが、過去に酸素系漂白剤を使ったことがある方はそう思われる方も多いはず。

□MADE IN JAPANで完全に国産

MATINAの白さを取り戻す酸素系漂白剤は完全に原料から国産です。では巷にある酸素系漂白剤はどうか??

そうなんです、原料が中国など輸入したものが多くなっています。

まあ何も影響が無ければ良いのですが、一番大きくは「純度」が変わります。

海外産のものは精製が甘く不純物が多く入っているため効果がかなり変わります。

目で見て分かるほど、溶けやすさや酸素濃度が違いますので、そのうちテスト動画をあげます!

 

□微粒粉粉砕により、より溶けやすい

粒子が他のものに比べると、隙間が多く表面積が大きいため他のものに比べると非常に低温でも溶けやすくなっています。

では溶けやすいと何が良いのか??

低温でもしっかり効果を示すので、必要以上に温度を上げなくて良いので、生地を傷めません!

温度を上げれば上げるほど効果が高くなる酸素系漂白剤ですが、生地や繊維、洋服のことを考えるとなるべく低温でしっかり効果があった方が洋服が長持ちいたします。

温度を加えれば加えるほど、シワも多くなるのでここもポイントです。。。後からのアイロン掛けなどが大変になりますからね!

□色柄ものにも安心を

先ほどと近い内容なのですが、温度を高くすればするほど汚れ落ちや漂白力が上がるのは、すべての洗濯洗剤や酸素系漂白剤に言えることでありますが、当然その反対にダメージや色褪せ、色移りも多くなってしまいます。もちろん効果がきちんとあることも大切ですが、それで洋服が傷んでしまうなら意味がないのかなーと思います。

つまり低温〜40度までで効果が高いということは色柄ものにも安心して使える可能性が高くまります。

(染色によっては色が抜けることがありますので、漬け込み洗いする前にご確認ください)

 

□余分なものが入っていないのでは肌に優しい

市販品には石油由来の界面活性剤(洗剤分)が入っているものもあります。

赤ちゃんの哺乳瓶を洗ったりできるほどの純度ですので安心して、肌が弱い方や小さいお子様にもお使いいただけます。

シンプルなので、お掃除など色んなものに応用ができます。

 

□MATINAシリーズは細かい使い方も安心

写真は「デリケート衣類を守る洗濯洗剤」と「デニムが色褪せない洗濯洗剤」のものですが、MATINAは洗剤だけではなく「洗い方」もサポートするブランドです。

従来プロユース向けの特殊な洗濯洗剤をクリーニング店様などに素材や汚れに合わせて提案してきた会社ですので正しい使い方を解説しています。

他のブランドに比べ、素材や衣類での取り扱いが非常に多く、様々な洋服の事例を経験してきています。

現在、「白さを取り戻す酸素系漂白剤」が使用するものでは、

○ランジェリーの洗い方(気になるデリケートゾーンの汚れと匂いをとる方法)

○赤ちゃんの洋服(ミルク汚れが黄ばんでしまった時)

という使い方が急ピッチで仕上がり、皆様の元に届く日もそう遠くはないかなと思います。

 

 

最後に

最後になりましたが注意事項を4点だけ!

これは全ての酸素系漂白剤に言えることですが・・・!

  • 塩素系漂白剤と混ぜるな!危険!

  • ウールやシルク、カシミヤなど獣毛繊維には使わない!

  • 金属には使わない!(ステンレスは大丈夫ですが草木染めなどで媒染剤が鉄媒染のものも使わないでください)

  • 手荒れが酷い方は手袋を!(アルカリ性ですので直接水に触るときは肌が弱い方は手袋をお勧めします)

 

本日はこれで!では!

 

Bubbleman STORE(バブルマンストア)
福岡県久留米市大石町32黒田アパート102
営業時間/毎週土曜日 10:00〜17:00
TEL 080-5209-1929
instagram
Facebook
TWITTER

ABOUTこの記事をかいた人

38年続くクリーニング卸売業の3代目。何も知らない状態から、お客様であるプロのクリーニング屋さんにたくさんのことを教わりながら、現在では洗浄技術などをプロのクリーニング店に提案するように。より多くの方に洗濯や洗剤、せっけんのことを知って楽しんで欲しいとの想いから福岡に「洗剤専門店BubblemanSTORE」をオープン。洗濯のことはもちろん、様々なワークショップやシャボン玉によるイベント演出も行っている。