柔軟剤使ってる??意外と知らない秘密。

こんにちは!最近少し洗濯のお話から遠ざかっていたので、久しぶりに洗濯のお話です。

ところで皆さん柔軟剤って使ってますか?

柔軟剤には洋服やタオルをフワフワにする効果だけでなく、実はいろんな力があります。

今日は良いところ悪いところ含めてお話していきますね!

 

知ってる??柔軟剤のこと。

柔軟剤をご家庭で使われるなかでけっこうな割合でお伺いするのは、「香り」のこと。

多くの方が洗濯して干すときに清清しい気持ちになれるし、好きな香りに包まれるから♪という方が多いようです。

次に読んで字の如く、柔らかくなるからという理由。

そりゃそうですよね。元々衣類を柔らかくするのが柔軟剤の役目。フワフワなタオルや毛布に包まれて朝気持ちいい想いをしたいですしお風呂上りだってガサガサのタオルじゃ嫌ですよね。

 

でも、衣類やタオルを柔らかくする柔軟剤。なんでそうなるのか?って知らない方も多いはず。

ちょっとだけ難しいお話になりますが、柔軟剤には「カチオン系界面活性剤」またの名を「陽イオン界面活性剤」というものの効果で衣類やタオルに柔軟効果を持たせてくれます。

なんだか難しくて分からなくなってきましたね・・・笑。

ん?でも界面活性剤??その名前は聞いたことあるぞ!!

でも界面活性剤って洗剤とか石鹸に含まれてる、なんか科学的なやつじゃなかったっけ!?!?

ここまで知っている方は少ないと思いますが、そうなんです。

洗剤や石鹸には主に「アニオン系界面活性剤」またの名を「陰イオン界面活性剤」というもので出来ています。

はい、頭がこんがらがってきましたね。笑

 

 

分かりやすく図でお話します。

そもそも界面活性剤って何なん!!って意見が多いと思います。

簡単にイラストにするとコチラ↓

 

マッチ棒みたいな形をしていますね!洗剤も石鹸も柔軟剤もコレの組み合わせで出来ているんです!

 

  • 水と仲が良い部分(親水基/しんすいき)
  • 油に仲が良い部分(親油基/しんゆき)

棒みたいな部分が親油基といって油となじみやすい性質を持っています。

丸い部分が親水基といって水となじみやすい性質を持っています。

またゆっくり別の時にお話するのですが、洗剤やせっけんもこの性質を利用して汚れをとっているんですね!

水中だとこんな感じ↓

 

洗濯する水と混ざった洗濯する洗剤やせっけんたちはこんな感じ。

 

意外と知られていない事実なのですが、水で流れる汚れ(汗など)は水につけるだけで流れだしていきます。

仮にお茶をこぼした!!ってなると、水で濯げば十分綺麗になります。

ただ時間が立つとお茶に含まれるカテキンが酸化すると、変色するのですが・・・

ややこしくなるのでこのお話はまた次回に。笑

なので水に溶ける汚れだけなら洗剤やせっけん、ナチュラルクリーニングで重曹を使う必要もなかったりします。

ただ普段からつく汚れとして着ていると皮脂がつくから、なかなかそんな状況もなかったりするのが実情です。

水と分離する油汚れはどうでしょう??

見たことある方も多いでしょうが、ドレッシングや餃子のたれの中に浮かんだラー油のように決して混ざり合うことはありません。

こちらは、レッドパームオイルとお水です!

なのでここで界面活性剤たちの活躍です!

まずは油汚れたちに棒の部分である親油基たちがくっついていきます。仲良しですからね!同じ性質のものを好みます。

逆に丸い部分である親水基たちも仲に良い水たちとくっつこうとします。類は友を呼ぶ的な感じですね♪

すると段々お互いが引っ張られ・・・・

親油基は油汚れにくっついて引張り、反対の親水基は水に溶けようとして、水と混ざらない油を徐々に溶かし込もうとしていきます。

やがては水に油を溶かし込む性質を持っています。

やがては完全に水と油汚れが分離されます。さらにお互いが好きなもの同士でくっついているので、また衣類に汚れが逆戻りすることもありません。

この状態で濯ぎを行うと、綺麗さっぱり油汚れは流れてしまいます。洋服に残った界面活性剤たちはもう一度汚れがつくのを防ぐ効果もあるんですね。

 

 

 

洗剤や石鹸が洋服に残る?!?!

え??でも界面活性剤って肌に刺激あるんじゃなかったっけ??

もちろん残留すると界面活性剤は肌に刺激を与え、アトピーや皮膚が敏感な方にとっては良くありません。

皆様誤解が多いのは石鹸なら安心でしょ??という考え。もちろん石油でできた洗剤に比べて、油脂でできた石鹸の方が比較的安心です。

これは、洗剤とせっけんの特性が大きく関与してきます。まあ大分長くなってきたので、またそのへんはゆっくりお話いたしますね。

 

石鹸も実は界面活性剤の塊なのです。これも意外と知られていないのではないでしょうか?

赤ちゃんを守るために石鹸洗濯をやっているのにも正しいやり方を知らないと逆効果になる場合もあります。

 

今回は界面活性剤のお話なのでまた後日お伝えするとして続きに戻りますと

衣類に残った洗剤や石鹸は肌の油分を取りすぎてしまい、人間の肌に必要な皮脂の分まで取ってしまい、乾燥させてしまいます。

この乾燥した状態で、ちょっとした刺激(着用時の摩擦など)でかゆみやカブレを引き起こしてしまいます。洗濯の場合、シャンプーやボディーソープに比べると間接的ではあるのですがやっかいなのは今通常の市販品に多いのは高濃度の液体洗濯洗剤。

 

いまや、家庭用洗剤はスタイリッシュな小さい容器で少量でOK!!のものや、洗濯機も電気代や水代を節約するため節水がデフォルトで設定してあることがすごく多い。

しょうがないのですが、今の時代「節水」「時短」が企業側からすると売れるんですね。

売れるためにその機能に特化したものばかりが市場に出る。もちろん、お客さまたちは洗濯についてのことを詳しく知りません。

なんか良さそうだし。みんな使っているし。

基本的には、洗濯物入れて洋服入れて洗剤入れてボタンを押すだけ。

後は機械がやってくれて、それを干して畳んでというのが一般的には最も多い洗濯の概念ではないかと思います。

 

ただ、「節水」「時短」の裏には、少量でOKな刺激の強い洗剤を使い、水を節約するために時間を短く濯ぎを行う。結果、洗剤がよく落ちていないのに洋服に残ったままになってしまう。

毎日全身に身にまとう洋服たち。

大切な子供たちや家族が痒みで辛くなる。

子供たちが公園で思い切り遊んで、旦那さんが一生懸命仕事をして、汗をかいて、そうしているうちに痒みは増して、節水・時短の副産物である洗剤残りが溶け出し悪化させる。

アトピーの方で症状が出るのが、よく汗をかく、もしくは汗がたまりやすい、膝の裏や太もも、背中などに多いのではないでしょうか?

 

洗剤や石鹸だけでなく、毎日当たり前に行っている「洗濯」のことを今一度見つめなおして頂いて、知ってもらうことが大切だと思います。

 

痒くなってから、病院に行ったり、食べ物を変えたり、薬を変えたり、もちろん体のことなので全てが関わってくると思うのですが、まず日常的にしていることを疑ってみてください。

もちろん、これじゃないとダメってことはなくて、多少洗剤が残っていようがハイターの中に手を突っ込んでも平気な人も世の中の人は何にもならない人も沢山います!

自分に合ったものでいいと思います!別に平気な方はスーパーとかにある安いやつで十分と思います!経皮毒なんかのお話もありますが、個人の自由でいいんじゃないかとも思います。

ただ何事に置いても知ってから、自分で選ぶのが一番だと思います。

 

キチンと洗濯や洗剤・石鹸のことを知って頂いて、自分に合わせたやり方を見つけてもらえると嬉しいです。

バブルマンストアでは、あなたに合わせたお洗濯や洗剤・石鹸のことをライフスタイルに合わせてご提案いたしますのでお気軽にご相談ください♪

 

 

あれ??今回のブログは柔軟剤じゃ・・・・笑

ごめんなさい、脱線しすぎたのでまた次回に繰越しますー笑!

 

 

 

洗濯のご相談はコチラ↓↓

BubblemanSTORE(バブルマンストア)

福岡県久留米市大石町32黒田アパート102

営業時間/毎週土曜日 10:00〜17:00

MAIL  bubblemanstore@gmail.com

TEL 080-5209-1929

instagram

Facebook

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

38年続くクリーニング卸売業の3代目。何も知らない状態から、お客様であるプロのクリーニング屋さんにたくさんのことを教わりながら、現在では洗浄技術などをプロのクリーニング店に提案するように。より多くの方に洗濯や洗剤、せっけんのことを知って楽しんで欲しいとの想いから福岡に「洗剤専門店BubblemanSTORE」をオープン。洗濯のことはもちろん、様々なワークショップやシャボン玉によるイベント演出も行っている。